QTモバイルよくあるご質問

お客さまサポート

本人確認書類として利用できる書類を教えてください。

携帯電話不正利用防止法に基づく本人確認のため、本人確認書類が必要です。

本人確認書類について

本人確認書類としてご利用いただけるのは以下の書類です。

(住所等の記載が裏面にある場合は裏面の画像も必要です)

個人のお客さま
以下のいずれか1点をご用意ください。
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 被保険者証(国民健康保険 / 健康保険)
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 住民票基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳
  • マイナンバー制度により送付される「通知カード」は、本人確認書類としてはご利用いただけません。
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)をご利用される場合は、表面のデータのみアップロードしてください。裏面は必要ありません。また、個人番号(マイナンバー)の欄は付箋や紙などで隠してください。
法人のお客さま
以下3点をご用意ください。
  • (1)登記事項証明書または印鑑証明書(法人名称および本店または主たる事務所の所在地の記載があるもの)
  • (2)名刺や社員証など申込みの担当者が(1)に属していることが証明できる書類
  • (3)担当者の本人確認書類(個人のお客さまと同様の書類になります)
  • 住所等が裏面に記載されている場合は裏面の画像も必要です。
国 / 団体
以下3点をご用意ください。
  • (1)会社概要(パンフレットなど)※実在の団体であることを確認できる書類
  • (2)名刺や社員証など申込みの担当者が(1)に属していることが証明できる書類
  • (3)担当者の本人確認書類(個人のお客さまと同様の書類になります)
「携帯電話不正利用防止法」等の法令に基づき、ご契約時にご本人さまを特定させていただいた事項については、当社で記録し、一定期間保存させていただきます。
  • マイナンバー法(番号法)に基づき、個人番号(マイナンバー)の記載された住民票は補助書類としてご利用いただけません。
  • 住民票を補助書類として利用される場合は、個人番号(マイナンバー)が記載されないよう申請時にご留意ください。
  • 本人確認書類と、QTnetにご登録いただいた情報が一致しない場合、通話機能つきSIMカードを発行することはできません。
  • 転居などにより本人確認書類と現住所が異なる場合は、本人確認書類のどれか1つに加えて以下のいずれかの補助書類のコピーが必要です(補助書類のみでは本人確認はできません)
  • a.発行から3ヵ月以内の住民票
  • b.発行から3ヵ月以内で住所の記載がある公共料金領収書(電気、ガス、水道のみ)
  • MNPのお客さまの場合:MNP予約番号の有効期限を過ぎた場合、MNP予約番号を再度取得していただく場合があります。
  • プロパンガスの領収書は対象外です。
  • クレジットカードでのお支払い等で、領収書が付属しない場合は、補助書類としてはご利用いただけません。

コピー例

運転免許証(写し)

  • 1.氏名・生年月日・住所
  • 2.有効期限
  • 3.住所(裏面に記載がある場合)
免許証

パスポート(写し)

  • 1.氏名
  • 2.生年月日
  • 3.有効期限
  • 4.住所
パスポート

健康保険証(写し)

  • 1.氏名・生年月日
  • 2.本人記入住所
  • 3.氏名・生年月日・住所
  • 4.被保険者氏名
保険証

住民基本台帳カード(写し)

  • 1.有効期限
  • 2.生年月日・氏名・住所
  • 3.裏面に変更記載がある場合
住民基本台帳カード

このページは問題解決のお役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

「よくあるご質問」へご意見をお寄せください。

  • お寄せいただいたご意見に返信することはできません。
  • 返信や解答をご希望の場合は、チャットやお電話などでお問合せください。
送信する
 
powerd by i-ask